【イスコレ】アウトドアチェアの評価方法

イスコレ アウトドアチェア 評価方法

【イスコレ】アウトドアチェアの評価の決め方

アウトドアチェア イスコレ

イスコレでは、さまざまなアウトドアチェアをレビュー、評価します。

評価するのは7項目。星5個がもっとも高い評価となります。

星3個は平均値で、星3.5以上は高評価です。

 

チェアの評価
座り心地
(3.5)
安定性
(3.5)
生地の質感
(3.5)
組み立てやすさ
(3.5)
収納効率・運びやすさ
(3.5)
品質
(3.5)
価格
(3.5)
総合評価
(3.5)

 

関連記事
【専門家厳選】本気でおすすめのアウトドアチェア25選<予算別・完全版>

 

座り心地

イスコレ アウトドアチェア 評価方法

座り心地は3つの視点から評価します。

  •  フィット感
  •  サイズ感
  • ソワソワしないか
  • 太ももが痛くないか

アウトドアチェアは、さまざまな姿勢で座るタイプがあります。

普通の姿勢で座るタイプは無理のない姿勢が取れるか、後傾姿勢ならリラックスして座れるか等を検証して総合的に評価を決定します。

 

安定性

座ったときにグラつきがどの程度か、前後左右に不安定にならないかを検証、評価します。

特に着座と立ち上がりのときの安定感を重視します。

 

生地の質感

使われている「生地」の質感を検証します。

  •  硬さ
  •  肌触り
  •  厚み
  • 機能

生地は種類だけでなく上記3つの観点から検証して総合的に評価します。

難燃など特殊な素材が使われている場合は、評価にプラスされます。

 

組み立てやすさ

使用するときに組み立てやすいかを検証します。

折り畳み式で簡単なほど評価が高く、組み立てしにくいほど評価は低くなります。

 

収納効率と運びやすさ

収納効率と運びやすさは、サイズ・重さが影響します。

コンパクトなほど収納しやすく運びやすいため評価が高くなります。反対に大きいほど重くかさばるため、評価は低くなります。

しかしコンパクトに収納できないからといって、必ずしも全体に悪影響を及ぼすことはありません。

なぜならコンパクト収納できなくても他項目の評価が高く、総合評価が高いチェアもあるからです。

 

品質

品質は耐久性にも影響するため、しっかりとチェックを行います。チェック項目は素材により変わりますので一概には言えませんが、基本的に検証する項目は下記のとおりです。

  •  素材の良し悪し
  • フレームの厚み
  • 接合部の溶接
  • 塗装の精度

 

価格

価格がお値打ちなほど評価は高く、高価格ほど評価は低くなります。

しかし価格の評価が低いからといってそのチェアが良くないとは限りません。

たとえば有名ブランドのチェアは価格が高いですが、座り心地や品質が良く商品そのものが優れているケースがあります。

ただし、価格が高いわりに品質が良くない場合は総合評価自体が低くなります。

 

デザインを評価点数に含めない理由

デザインはとても大切なポイントです。

しかし、同じデザインでも人によって好みは分かれます。点数を付けるとなると私の主観が多いに入ってしまうので評価点数には入れません。

評価点数には入れませんが、デザインの特徴についてはしっかりと解説します。

 

アウトドアチェアの紹介をご要望される方へ

当サイトではアウトドアチェアをどこよりも詳しく読者様へご紹介しています。

もし「このチェアを紹介してほしい」というご要望がございましたら下記までお気軽にお問い合わせください。

レビューのメリット

  • 商品の露出を増やすことで商品の認知度向上を図れます
  • Instagram、TwitterなどSNSでもご紹介します
  •  本当におすすめできる商品は「おすすめランキング」に掲載します(現在ページ準備中)

ノーリー

お問い合わせはお気軽に。