【保存版】失敗しないアウトドアチェアの選び方。研究家が徹底解説

アウトドアチェアの選び方

【保存版】失敗しないアウトドアチェアの選び方。研究家が徹底解説

キャンプチェアとテーブルのサイズ

キャンプ場で過ごすとき、テントや寝袋の種類によって快適さは大きく変わるでしょう。

しかしどのようなチェアを使うかによっても快適さは変わります。

これは断言します。

なぜなら食事のときも、くつろぎながら仲間との会話を楽しむときもチェアに座っているから。

身体に触れている時間がもっとも長いキャンプチェア次第で、快適さだけでなく疲れ方さえ違ってくると言っても過言ではありません。

 

しかし、どう選んだら良いのか?

ということで、アウトドアチェア研究家の筆者が初心者の方にも分かりやすく解説します。

ノーリー

キャンプはもちろん、チェアリングやアウトドアにも最適なチェアの選び方を解説します!

 

運営者情報はこちら

 

おすすめのアウトドアチェアを知りたい方はこちらへ↓

予算別・本気でおすすめのアウトドアチェア

 

 

アウトドアチェアの選び方【迷ったらこう決める】

キャンプチェア 選び方

おそらく初めてキャンプ用のチェアを買う方は、何をどう選べばいいか悩むことでしょう。

そんなときは、まず目的と状況をはっきりさせると良いです。

ここからはシーンによって選ぶべきチェアについて解説します。

 

車が小さいなら・・

キャンプチェア 車が小さい

キャンプはチェアだけでなく、さまざまな荷物を載せることになります。

車が小さい場合、少しでも荷物をたくさん積めるようにチェアはコンパクトに収納できるタイプを選びましょう。

ヘリノックスのチェアワンのような「組み立て式」のチェアだと、かさばらないのでおすすめです。

 

自宅で保管する場所に困るなら・・

コンパクトに収納できる「組み立て式」か、立てて保管できる「中央収束型」のチェアがおすすめです。

ノーリー

保管に困るなら車が小さいときと同様、コンパクトに収納できるチェアを選ぶのがおすすめです。

 

思いきりくつろぎたいなら・・

キャンプチェア 選び方 リクライニングチェア

思いきりくつろぎたいなら、背もたれが傾斜する「リクライニングチェア」が良いでしょう。

会話や、食事がしやすいのはレイチェアのようなフットレスタイプがおすすめ。

インフィニティチェアのような大型の無重力チェアなら、最高にくつろげます。

 

関連記事
【専門家厳選】室内でも使えるアウトドア用リクライニングチェアおすすめ6選

 

足腰に不安があるなら・・

キャンプチェア 選び方 イスコレ

ひざや腰に不安がある方は、ハイスタイルのチェアがおすすめ。

なぜなら「座る」「立つ」がロースタイルに比べてラクなため。

アーム付きなら、手をかけて立ち上がりやすく足腰への負担を軽減できます。

 

登山で使いたいなら・・

なるべくコンパクトに収納できる「組み立て式」のチェアを選びましょう。

収納ケースにカラビナを取り付けるベルトが付いていると、リュックサックに掛けることができて便利です。

 

 

とにかく安く買いたいなら・・

メーカーにこだわらなければ安いキャンプチェアはたくさんあります。

DAISOでも500円のチェアが売っているくらいですからね・・

とはいえ、コールマンやバンドックなど名の知れたメーカーでも安いキャンプチェアは販売しています。

耐久面で安心したいなら、無名の激安品よりメーカーの安いキャンプチェアを選んだ方が良いでしょう。

 

 

運動会などの行事でたまにしか使わないなら・・

コスパ重視で考えましょう。

年に数回の出番しかないなら、安価なチェアやスツールで十分ではないでしょうか。

コールマンのトレッキングスツールみたいに小さいけれど座り心地もしっかりしているスツールも良いでしょう。

 

もし長時間座るなら背付きのチェアが良いですね。背中の負担を軽減できます。

ハイスタイルのチェアは視線が高いため運動場を見渡しやすいです。

後方でくつろぎながら観覧するのにも最適と言えます。

 

座椅子なら、レジャーシートを敷いて家族みんなで座るときに便利です。

 

 

焚き火のときに使いたいなら・・

焚き火 チェア 心配

焚き火を囲んで座る場合はコットン素材のロースタイルチェアがおすすめです。

理由は火の粉に強くロースタイルは足を伸ばしてくつろぎやすいため。

一般的にキャンプチェアはポリエステル生地が使われており、火の粉がかかると生地に穴が空きます。

しかしコットン素材は火の粉に強いのです。

DODのスゴイッスや、バンドックのBD-115DOのようなロースタイルチェアは火の粉に強く、座り心地も良いです。

ただしコットンとは言え、絶対に穴が空かないとは言い切れないため注意してください。

ノーリー

コットン素材のロースタイルチェアなら焚き火の前でも安心ですし、リラックスできます。

 

キャンプチェアの種類

 

キャンプチェア 種類と選び方

キャンプチェアの「選び方」について解説しましたが、どんな種類があるか知っておきましょう。

キャンプチェアには大きく分けて5種類あります。

面白いのは、どんなスタイルのチェアにも一長一短あるということです。

メリット、デメリットと合わせて説明します。

 

キャンプチェアの種類
・座椅子(お座敷スタイル)
・スツール
・ロースタイル
・ハイスタイル
・ベンチ
・リクライニングチェア

もっともよく使われているのは「ロースタイルのチェア」と「ハイスタイルのチェア」です。

色んなメーカーからさまざまなデザインが販売されています。

 

ノーリー

ここからはそれぞれのスタイルについて詳しく解説します。

 

関連記事
【専門家厳選】本気でおすすめのアウトドアチェア25選<予算別・2022年完全版>

 

座椅子(お座敷スタイル)

特徴

お座敷スタイルのチェアのメリット・デメリット

座椅子は地面に直接置いて座ります。

別名「お座敷スタイル」と呼ばれており、リビングでくつろぐように座れるのが特徴です。

最近ではカーペットを敷いて自宅のリビングのように楽しむキャンパーも増えていますね。

収納がコンパクトなため、かさばらないのも魅力。

座高の位置がほぼ地面なので、天井高の低い小さなテントとも相性が良いです。

ノーリー

ソロキャンパーにも人気があります。

 

おすすめの座椅子はこちらの記事でご紹介しています。

 

関連記事
【レビュー】キャプテンスタッグ「グラシアフィールド座椅子」の口コミ評判が良い?

【オシャレ厳選】お座敷スタイルにおすすめのキャンプ用座椅子9選

 

メリット・デメリット

キャンプチェア「お座敷スタイル」とテーブルの高さ

メリット
・リビングのようにくつろげる
・座高が低いため天井高の低いテントに合わせやすい
・圧迫感がない

メリットはくつろぎやすく、リビングのような演出ができるところ。

ロースタイルのチェアが多い中で「お座敷スタイル」は目を引く存在と言えるでしょう。

ノーリー

他とは被りたくないキャンパーはぜひ「お座敷スタイル」にチャレンジしてみてください。

 

デメリット
・「立ち上がる」「座る」動作がしにくい
・地面からの熱や冷気を感じやすい
・虫が付きやすい
・腰に負担が掛かりやすい

座椅子のデメリットは4個あります。

それは一度座ると立ち上がりにくいところ。

長時間座り続けると腰への負担もありますので、腰痛持ちの方にはおすすめできません。

 

「地面からの熱気や冷気を感じやすい」点についてはテント内ならマットを敷けば解決しますし、虫もつきにくいでしょう。

ただし外に直で置いて座る場合はアリなど虫が付きやすく、地面からの熱や冷気を感じやすいのは否めません。

ノーリー

「お座敷スタイル」はデメリットを回避する工夫が必要ですね。

相性の良いテーブルの高さは?

お座敷スタイルのキャンプチェアとテーブルの高さ

座椅子に合わせるテーブルは25~30cm程度が食事しやすい高さとなります。

スツール

特徴

スツールは背もたれがないチェアを指します。

腰掛けて休むことはできますが、背付きのチェアのようにくつろぐことはできません。

ただし収納サイズがコンパクトなので、車に積みやすいメリットがあります。

使用時のサイズも小さく邪魔にならないため、イベントなどでも気軽に使えるでしょう。

メリット・デメリット

メリット
・サイズが小さく場所を選ばず使いやすい
・車に積みやすい
・チェアの中ではもっとも安い

 

デメリット
・くつろぎにくい
・長時間座ると疲れる

スツールと相性の良いテーブルの高さ

スツールの多くは座高が低く、ローテーブルと相性が良いです。

写真はスツールの座高が28cmで、テーブルは25cmになります。

 

ロースタイルのチェア

特徴

ロースタイルのキャンプチェアのメリット・デメリット

ロースタイルのチェアはコンパクトですが足を伸ばしてくつろぎやすいのが特徴です。

キャンプチェアの中ではもっとも普及しており、好みのデザインを見つけやすいのも魅力。

 

ノーリー

チェア選びに迷う方はこの「ロースタイル」がおすすめですよ。

メリット・デメリット

ロースタイルのキャンプチェアとテーブルのサイズ

メリット
・足を伸ばしてゆったりくつろげる
・テント内で使っても圧迫感がない
・デザインの種類が豊富

 

デメリット
・食事がやや取りにくい

 

ロースタイルのチェアと相性の良いテーブルの高さは?

ロースタイルのチェアとテーブルの高さ

ロースタイルのチェアに合いやすいテーブルの高さは40cm前後です。

天板の位置が座面より少し高いと、無理のない姿勢で食べ物が取りやすくなります。

 

ハイスタイルのチェア

特徴

ハイスタイルのキャンプチェアのメリット・デメリット

ハイスタイルはダイニングチェアと同程度の高さになります。

さまざまなスタイルのチェアがある中で、もっとも食事しやすいタイプと言えます。

座りやすく、立ち上がりやすいことから足腰に不安がある方や高齢の方にもおすすめです。

 

メリット・デメリット

ハイスタイルキャンプチェアのメリット・デメリット

メリット
・座る・立つの動作がラク
・食事しやすい
・地面からの熱気や冷気の影響を受けにくい

 

デメリット
・足を伸ばしにくい
・大きいためテント内では狭く感じる

 

ハイスタイルのチェアと相性の良いテーブルの高さは?

ハイスタイルのキャンプチェアとテーブルのサイズ

ハイスタイルのチェアに相性が良いテーブルの高さは65cm前後です。

市販されているテーブルは高さ70cmくらいが多いですが、座面が沈みこむタイプのハイチェアだと少し高く感じます。

ノーリー

テーブルは65cmくらいがちょうど良いです。

ベンチ

特徴

アウトドアベンチのメリット・デメリット

ベンチは背付き、背なしの2種類あり二人並んで座ることができます。

四人家族の場合、テーブルを挟んで大人がチェアに座り、子供二人がベンチに座ると見た目的にもまとまりが出ます。

子供が小さい場合、隣に座らせればご飯を食べさせやすいのもメリットのひとつ。

座高は30cm-40cm程度が多く、デザインはさまざまあります。

ノーリー

耐荷重は100Kgが多いですが、大人二人が座るとオーバーする可能性があります。耐荷重は必ずチェックしましょう。

 

メリット・デメリット

メリット
・二人同時に腰掛けれる
・小さな子供と座るとき、ご飯を食べさせやすい
・子供が並んで座るのにちょうど良い

 

デメリット
・大人が並んで座ると窮屈に感じる
・耐荷重がオーバーしやすい
・収納ケースが大きくなりがち
・座り心地はそれほど期待できない

チェアと違ってベンチはフレーム(枠)が長方形に繋がっているものが多く、太ももや背中に当たりやすいです。

短時間なら良いのですが、長時間だと痛くて座っていられなくなります。

 

ベンチと相性の良いテーブルの高さは?

ベンチの高さによって、合わせるテーブルの高さは変わります。

ベンチの座高 テーブルの高さ
40cm前後 (約)65cmくらいが使いやすい
30cm前後 (約)40cmくらいが使いやすい

 

 

 

リクライニングチェア

特徴

キャンプ用リクライニングチェアのメリット・デメリット

リクライニングチェアは、背もたれが後ろに傾斜するタイプのチェアを指します。

そのため、ハイスタイルやロースタイルのチェアでも背もたれが倒れるなら「リクライニングチェア」と呼びます。

背中の角度を変えることができるので、ゆったりとくつろぎながら夜空を眺めるのにも最適です。

 

関連記事
【専門家厳選】室内でも使えるアウトドア用リクライニングチェアおすすめ6選

 

メリット・デメリット

キャンプ用リクライニングチェアのメリット・デメリット

メリット
・リラックスできる
・長時間座っていても疲れにくい
・昼寝できる

 

デメリット
・収納サイズが大きく持ち運びが不便
・他スタイルのチェアに比べて価格が高い

 

リクライニングチェアと相性の良いテーブルの高さは?

インフィニティチェアや、ゼログラビティチェアのように、フットレストが付いた大型リクライニングチェアは単独での使用を想定しています。

テーブルに合わせて使うより、オプションでサイドテーブルを本体に取り付けた方が便利です。

 

レイチェアのようなフットレストがないタイプは、座高のサイズに合わせてテーブルの高さを選びましょう。

リクライニングチェアの座高 テーブルの高さ
40cm前後(フットレストなし) (約)65cmくらいが使いやすい
30cm前後(フットレストなし) (約)35cmくらいが使いやすい

 

背もたれの高さはどれくらいが良い?

キャンプチェア 背もたれ高さ
写真のチェアはOnway(座り心地最高!)

 

スタイルに関係なく、座った状態で背もたれの高さが座面から肩くらいまであるとくつろぎやすいです。

しかし高さだけでなく、背もたれの角度にも注目しましょう。

高さはあっても直角なほど窮屈に感じてリラックスさに欠けます。

ノーリー

背もたれが肩くらいまでの高さがあり、ほどほどに傾斜したチェアはくつろげますよ。

 

【結構重要】知っておきたい収納方法と種類

折り畳み式

キャンプチェア 折り畳み式

折り畳み式は組み立てが不要のため、素早く設置・撤収作業ができます。

ただしこのような「折り畳み式」は収納ケースが付属していないことが多く収納時サイズが大きいのがデメリット。

複数を車に積むとなると、スペースを取ります。

 

 

中央収束型

キャンプチェア 中央収束型

中央収束型は、折り畳み式と同様に設置と撤収作業が簡単です。

また、折り畳み式に比べてスリムに収納できます。

収納ケースが付属しているため、運びやすく移動中に本体にキズが付きにくいのもメリットです。

 

 

組み立て式

キャンプチェア 組み立て式

組み立て式はコンパクトに収納できるのがメリット。

複数用意しても車の荷台に載せやすく、場所を取らないため自宅でも保管しやすいでしょう。

デメリットは設置と撤収作業に少し時間がかかるところ。

とはいえ組み立ては決して難しくはありません。

ノーリー

保管や移動を考えると、この「組み立て式」が一番おすすめです。

 

 

 

収納方法によって収納効率と運びやすさは全然違う

キャンプチェア 収納

収納方法には「折り畳み式」「中央収束型」「組み立て式」によって収納効率が大きく変わります。

買ったはいいけれど収納する場所がない、車に載せきれない・・

ということにならないためにも、収納時のサイズは必ずチェックしましょう。

 

 

キャンプチェアって焚き火のとき使っても大丈夫?

チェア 焚き火 イスコレ

最近ではキャンプで焚き火をする方が増えてきました。

焚き火台を囲んで一人でまったりと火を見つめる。あるいは仲間と会話で盛り上がる。

とても素敵な時間を過ごせるでしょう。

しかし火の粉には注意が必要です。

キャンプチェアに火の粉が飛ぶとシートに穴が開く可能性があります。

これは生地がポリエステルだから。

 

座っていたらキャンプチェアの生地には火の粉が付きにくいかもしれません。

しかし、席を立ったときやそのまま焚き火の近くにチェアを置き続けると危険です。

数万円するようなキャンプチェアを買って火の粉で破れたら悲しいですよね・・

火の粉対策

焚き火台の前にチェアを置くときはチェアカバーを被せましょう。

これで大切なチェアを守ることができます。

カバーを被せたくない場合は生地がポリエステルではなく、はじめからコットン素材のチェアを選ぶと良いでしょう。

しかしコットンは火の粉に強いといえ、絶対に穴が空かないということはありません。

 

チェアに合わせるテーブルについて

キャンプチェアとテーブルの高さ

テーブルの高さは「チェアの座高によって決める」ということで解説しました。

幅と奥行きは広いほど食器をたくさん並べれるので便利ですが、使う人数を念頭に決めておきましょう。

家族3~4人で使う場合、幅100cm/奥行き80cmくらいあると余裕もあり使いやすいです。

 

ソロキャンプの場合は小さくても問題ありません。何を置くかによってサイズを決めましょう。

 

まとめ:キャンプチェアを買う前に、まずはイメージしよう

キャンプチェアを選ぶ上で大切なことは、買う前にできるだけイメージしておくことです。

「保管場所に困るからコンパクトサイズが良い」

「思いきりくつろぎたいのでリクライニングチェアが良い」

など、はじめにイメージしておくと買った後に後悔しないで済みます。

ノーリー

お気に入りのチェアで素敵なキャンプライフを!

 

関連記事
コールマンでチェア買うならコレ!おすすめのモデルを徹底解説

アウトドアチェアを買うなら、絶対に外せないメーカー【6社厳選】

【専門家厳選】本気でおすすめのアウトドアチェア25選<予算別・2022年完全版>