【レビュー】キャンピングムーンの焚き火チェアのコスパが良いってホント?

焚き火チェア キャンピングムーン 評価

キャンピングムーンの焚き火チェアのコスパが良いってホント・・?

焚き火を前にしても安心して座れるチェアとなると・・

正直選択肢はかなり狭くなります。また、生地も通常のポリエステルに比べると価格も高くなる傾向に。

キャンピングムーンの焚き火チェア(以下F-1003C)は、火の粉に強く座り心地も良い。

さらに価格もお値打ちなので、コスパ抜群の焚き火チェアと言えます。

キャンピングムーンとは?
・中国のアウトドアメーカーで世界20カ国以上で販売する実績を持つ
・元々OEMメインの製造会社だったが2011年にブランドとしてキャンピングムーンを発足

ノーリー

知名度は低いかもですが、れっきとした中国のアウトドアブランドです。株式会社CTCという会社が国内正規代理店になっています。

キャンピングムーン焚き火チェアF-1003Cの評価

評価
座り心地
(3.5)
安定性
(3.5)
生地の質感
(3.5)
組み立てやすさ
(4.0)
収納効率・運びやすさ
(2.5)
品質
(3.5)
価格
(4.0)
総合評価
(3.5)

星3個が平均で3.5以上が高評価です。

ノーリー

総合点数は3.5で高評価です。価格が安いわりにスペックが良く、ちょっとビックリしました。

F-1003Cのメリット・デメリット

メリット

  • 焚き火でも安心して使える
  • 座り心地が良い
  • 安定性が良い
  • カラー展開が豊富(5色)
  • 予備の脚キャップ付き

 

デメリット

  • アームの保護フィルムを剥がすのが大変
  • フレームはブラックなので傷が目立ちやすい
  • 収納サイズはコンパクトとは言えない

サイズ・仕様

品名 F-1003C
タイプ ロースタイル
カラー ・カーキ
・グレー
・コヨーテ
・デニム
・ブラック
材質 生地:コットン
フレーム:スチール、アルミ合金
サイズ 使用時(約):幅53.5 奥行51.5 高さ76.5(座高:36cm)
収納時(約):直径15 高さ90cm
重量 約3.3Kg
耐荷重 120Kg
適合するテーブル 高さ35-40cm程度のテーブル
メーカー CAMPING MOON(キャンピングムーン)

 

デザイン・機能

デザイン

くつろぎやすいロースタイルで、シンプルなデザインが特徴。

生地は分厚いコットンを使用しており、お値打ちですが安っぽく見えないところが魅力です。

生地を左右のフレームで固定するタイプで、中央に向かって収束する構造になっています。

ノーリー

落ち着いたカラーでいい感じです。

 

アームと背は傾斜しており、くつろぎやすいデザイになっています。

実際の座り心地は後ほど詳しく解説します。

 

背もたれに1箇所キャンピングムーンのロゴがあり、このチェアのアクセントになっています。

機能

アーム

両側にアームが付いています。前方が上に上がっているため、手をついて立ち上がりやすいです。

 

アクセサリーフック

背面の右上にアクセサリーフックが付いているため、カラビナを付けることができます。

ノーリー

工夫次第で色々なものを引っ掛けられるので便利ですよ。

 

収納ポケット

背面には収納ポケットがあり帽子やブランケット、本などを収納できます。

メッシュなので砂が溜まりにくいのが良いですね。

メッシュは通気性が良いので、汗をかいた帽子を入れても乾きやすいでしょう。

デザイン・機能まとめ
・シンプルなデザイン
・手をついて立ち上がりやすいデザインアーム
・アクセサリーフックにカラビナを取り付けできる
・メッシュ生地の収納ポケット付き

 

付属品

脚先はキャップになっており、予備キャップが4個入っています。

脚キャップは削れたり消耗しやすいので嬉しいポイントです。

 

取り外し・取り付けは工具を使わずに手で行います。

ノーリー

取り外しは硬いので力が必要です。

 

座り心地

背もたれが後ろに傾斜しているため座ると自然に後傾姿勢に。

生地は滑りにくいので座滑りもしません。

かなりリラックスして座れます。

ノーリー

価格のわりに座り心地めっちゃ良い・・

 

座面の幅は48cmと余裕があるサイズで、ゆったりと座ることができます。

 

 

お尻の部分はそれほど沈み込まないので、足を組んで座りやすいところも座り心地が良いポイントのひとつ。

 

焚き火などで前のめりになって座るときも前傾姿勢で座りやすく、ストレスを感じさせません。

 

背もたれは身長180cmの筆者が座って肩あたりまで高さがあります。

シートのテンションは多少ゆるく張られているので、底を打つような感じがありません。

 

地面から背もたれまでの高さは中央部で約74.5cm。

公表値の76.5cmは、背もたれ左右フレームの一番高い部分を指しています。

 

アームが付いているので、腕を置いてリラックスできます。

しかし後方へ向かって低くなっているので、身長、姿勢によって腕を置きにくいのがちょっと気になります。

ノーリー

お尻を少し前の方にずらせば腕は置きやすくなりました。

 

筆者がアウトドアチェアの座り心地で特に注目しているポイントが、太もも裏側の当たり具合。

座面前方の形状や生地によっては太ももが圧迫して痛くなります。

当然長時間座るのがしんどく、くつろげるのは最初のうちだけ。

本商品はどうかと言うと太ももを圧迫せず、とてもラクです。

ノーリー

ここは重要なポイントです。

 

安定性

本商品は座った状態でも横揺れはなく、立ち上がりのときでも不安定になりません。

安定感はとても良いと言えるでしょう。

ノーリー

安全に着座、立ち上がれるので子供でも安心して座れます。
座り心地まとめ
・ローバックだけど肩まで高さがある
・座滑りしにくいので同じ姿勢をキープしやすい
・太ももを圧迫しない
・アームはやや腕を置きにくい
・安定性は高く安全に着座できる

組み立てやすさ

組み立ては中央収束型なので、収納ケースから取り出して広げるだけで完成です。

ノーリー

すぐに設置できて、しまうときも簡単ですよ。

収納効率・運びやすさ

収納時のサイズは長さが90cmあるので、収納効率は良くありません。

収納ケースに持ち手が付いているので、肩に掛ければ持ち運びはしやすいです。

しかし重さは3.25Kgあります。

短距離なら問題ないですが、長距離持ち歩くのはしんどいでしょう。

 

自宅での保管は立てかけて収納すればそれほど場所は取りませんが、車に積載するときは場所を取ります。

2脚以上積載するとなると結構なスペースを取りますので、載せられるか事前に確認した方が良いでしょう。

収納効率・運びやすさまとめ
・収納ケースは持ち手があり肩から掛けて運べる
・3.25Kgあり、長距離歩くのはしんどい

品質

生地

生地は厚いコットンが張られています。

火の粉に強いため、焚き火用のチェアとして使えます。ゴワゴワした質感で、ジーンズに似た肌触りです。

 

保護フィルム

アームには最初保護フィルムが貼ってあるので、めくってから使用することになります。

しかし、このフィルムが剥がしにくくキレイにめくろうとすると、それなりに時間がかかります。

 

接合部のすき間はフィルムがきれいに剥がせません・・

カッターナイフでキズ付けないように、切り取ればきれいに剥がせます。

 

フレームには内側に保護フィルムが貼ってありますが、ここは使用時は見えない部分なのでそのまま残しておきました。

ノーリー

保護フィルムは輸送中のキズを防ぐのでないよりあった方が絶対良いので、ここはガマンのポイントですね。

 

接合部

接合部はスチールでネジ留めされています。

鉄板の厚みは有名ブランドの高価なチェアのような厚みありませんが、荷重が掛かりやすい箇所はネジを2点留めすることで補強しています。

縫製

縫製は丁寧です。摩擦しやすい部分は生地を二重にして、縫製も強化しています。

ノーリー

縫製は作業員によって技術差が出やすいです。生産ロットによっては縫製のレベルに多少の差は出るでしょう。

フレーム

アームとフレームはアルミ合金のブラック色。マットな質感でカッコいいですがキズは目立ちやすいです。

ノーリー

外で使う以上キズが付くのは仕方ないですけどね・・
品質まとめ
・帆布(コットン)で火の粉に強い
・フレームはマットなブラックでカッコいいがキズは目立ちやすい
・保護フィルムが剥がしにくい
・破れにくいようにしっかりした縫製

他のサイズバリエーションもチェックしよう

キャンピングムーンの焚き火チェア、F-1003Cはローバックですが他サイズも展開しています。

ロースタイル・ローバック

本記事でご紹介したタイプがこちらです。

 

ロースタイル・ロングサイズ

ロースタイルで背もたれが高いタイプです。頭を預けて、よりゆったり座りたいならこちらのタイプがおすすめ。

ハイスタイル・ハイバック

ハイスタイルで、背もたれが高いタイプです。ダイニングチェアと同程度の座高のため食事がしやすいのが特徴。テーブルの高さは70cm程度が使いやすいです。

まとめ:予想を超えて良かったアウトドアチェアでした

キャンピングムーンの焚き火チェア、F-1003Cについて解説しました。

焚き火用のチェアにも使えて、座り心地とデザインが良いコスパ抜群のチェアでした。

正直なところスペックのわりに価格が安くそれほど期待はしていませんでしたが・・

予想以上に良かったので少々驚きました。

コールマンやスノーピークのような知名度はありませんが、ブランドにこだわりがなければとてもおすすめのアウトドアチェアですよ!