テレワークにアウトドアチェアはおすすめ?デメリットはある?

テレワーク アウトドアチェア

 

テレワークが普及して最近では在宅勤務がごくふつうのこととなりました。

そんななか、作業用で座るオフィスチェアに大きな注目が集まっていますね。

そして、

「アウトドアチェアでも作業できるのか」

「テレワークに最適なアウトドアチェアはあるのか?」

という点にも注目が集まっています。

 

テレワーク(在宅勤務)にアウトドアチェアは使えるのか?

結論から言ってしまうと、アウトドアチェアでの作業はあまりおすすめできません。

おすすめできない理由は「サイズ」にあります。

サイズによって使いにくいだけでなく、さらには疲れやすいのがデメリットになります。

 

サイズ(高さ)が合わない

キャンプチェア テレワーク

作業で使用するデスクの高さは70cm~72cmていどです。

デスクに対して理想的な座高は40~43cmほど。

つまり差尺(デスクと椅子の高さの差)は30cm前後が理想となります。

なにが言いたいかというと、一般的に使われているデスクとアウトドアチェアでは差尺のバランスが悪いのです。

 

 

アウトドアチェアはハイスタイルであっても、座高は40cm以下のものが多いです。

座ると沈みこむモデルも多いですから、それだけお尻の位置が低くなります。

そうすると、こんな感じになります。

テレワーク キャンプチェア 

この状態でパソコンを使うのは、ムリが生じます。

 

結局使わない方がいい?

デスクとアウトドアチェアの座面高さが合わないゆえ、残念ながらアウトドアチェアは作業に不向きな場合がほとんどです。

しかし反対にいうと、高ささえ合えば問題なく作業できます。

たとえばロースタイルのアウトドアチェアに合わせて、高さの低いテーブルを購入する方法もあります。

しかし、できればふだん仕事をする高さの70cm程度のデスクにアウトドアチェアを合わせたいところです。

そのほうが作業しやすいですし、集中できますから。

 

快適に作業できるテレワークにおすすめのアウトドアチェア

テレワーク キャンプチェア 使いやすい

数あるアウトドアチェアのなかで、快適に作業できるおすすめがLOGOSのLifeバックホールドチェアです。

一般的な高さである70cmほどのテーブルやデスクに相性が良く、長時間座っていても疲れにくいですよ。

 

Lifeバックホールドチェア

自宅のテーブル、机と相性抜群!

サイズ 幅83cm
奥行63cm
高さ101cm
座面までの高さ 46cm
耐荷重(目安) 100Kg
メーカー LOGOS
ココがおすすめ!
・自宅のテーブル、机に合わせやすい座面高
・座り心地が良い
・腰がラク

Lifeバックホールドチェアは、アウトドアチェアにしては珍しく座面までの高さが前方箇所が46cmもあります。

後方にかけて傾斜しており一番後ろの箇所で42cmていど。

つまり自宅で使うテーブルやデスクにピッタリのサイズなんです。

 

そして最大のメリットは長時間の作業でも疲れにくいところ。

ランバーサポート(腰のサポート)が効いていることから、腰へ負荷がかかりにくく正しい姿勢を維持しやすいのです。

座面の奥行きが浅いことから太ももも圧迫せず、快適そのもの。

 

簡単に折り畳みできてしまえるところも便利。

必要時だけサッと出せるのはアウトドアチェアの醍醐味でもあります。

 

関連記事
【レビュー】腰が喜ぶ唯一無二の存在。ロゴス・ライフバックホールドチェアを解説

 

まとめ:アウトドアチェアの作業にはご注意を

解説しましたとおり、アウトドアチェアはデスクとの相性(サイズ)が大切です。

座ったときにデスクが高く感じる、あるいは低すぎたら作業に集中できませんし、なにより疲労が溜まってしまいます。

いずれにしても差尺(デスクとアウトドアチェアの差寸)にはご注意くださいね。

 

キャンプに最適なおすすめのアウトドアチェアについては下記の記事にまとめています。

ぜひ参考にしてください。

アウトドアチェア 予算別 おすすめ 【専門家厳選】本気でおすすめのアウトドアチェアランキング25選<予算別・2022年完全版>

関連記事
【専門家厳選】室内でも使えるアウトドア用リクライニングチェアおすすめ6選

アウトドアチェアの高級ブランドってある?欲しくなる上質なチェアはコレ!