【レビュー】腰が喜ぶ唯一無二の存在。ロゴス・Lifeバックホールドチェアを解説

ロゴス・バックホールドチェア評価と評判

【レビュー】腰が喜ぶ唯一無二の存在。ロゴスのLifeバックホールドチェアを解説

ロゴス バックホールドチェア 評価

LOGOS(ロゴス)のLifeバックホールドチェアは、腰に負担がかかりにくく長時間快適に座れると口コミ評価が高いアウトドアチェアです。

実際に座り心地がとても良く、腰痛持ちの筆者もお気に入りのチェアのひとつ。

体重が100Kgをオーバーしている大柄な方にも最適なので頑丈で座り心地の良いチェアを探している方はぜひチェックしてみてください。

ノーリー

ここまで腰まわりをサポートするチェアは他にない唯一無二の存在です。

Lifeバックホールドチェアの評価

評価
座り心地
(4.0)
安定性
(4.0)
生地の質感
(3.0)
組み立てやすさ
(4.0)
収納効率・運びやすさ
(2.5)
品質
(3.5)
価格
(3.5)
総合評価
(3.5)

星3個が平均で3.5以上が高評価です。

ノーリー

総合評価は点数にすると3.6です。

 

ロゴス・Lifeバックホールドチェアのメリット・デメリット

 

メリット

  • 腰まわりと背中がラクで長時間座っても快適
  • 優れた安定感
  • 立ち上がり、着座の動作がラク
  • アーム付きで腕をリラックスできる
  • 大柄な方でも座れる高い耐久性

デメリット

  • 座高が前方部で46cmと高く、小柄な方は足が地面に接地しない可能性がある
  • サイズが大きく重いので収納・運搬が不便
  • 生地のシワが目立つ

ノーリー

収納のしにくさと運びにくさを除けばとても良いチェアですよ。

サイズ・仕様

ロゴス ライフバックホールドチェア サイズ・仕様

品名 Lifeバックホールドチェア
タイプ ハイチェア
カラー ブラウン
材質 フレーム:スチール
生地:ポリエステル(PVCコーティング)
サイズ 使用時(約):幅80 奥行63 高さ101(座面まで46)cm
収納時(約):直径23cm 高さ105cm
重量 約5.4Kg
耐荷重 約150Kg
適合するテーブル 高さ70cm程度のテーブル
メーカー LOGOS(ロゴス)

デザイン・機能

デザイン

ロゴス Lifeバックホールドチェア デザイン 機能

いかにも腰にフィットしそうなデザインが特徴で、肘の存在感も大きいです。

座面は車のシートのように傾斜しているため、自然と後傾姿勢になります。

最大の特徴はランバーサポートになっていること。車やワークチェアのように腰まわりをしっかりとサポートしてくれます。

ランバーサポートとは
背もたれが腰を支える形状になっていること

ノーリー

ランバーサポートは腰痛持ちの筆者にとっては、とても嬉しいポイントです。

機能

ロゴス Lifeバックホールドチェア 機能

背もたれの背面に幅(約)37cm、高さ(約)32cmのポケットが付いています。

このポケットは上から収納するタイプでなく、左右から物を出し入れします。

 

ロゴス Lifeバックホールドチェア 収納ポケット

帽子やブランケットなどを入れておくのに便利です。

デザイン・機能まとめ
・背面に収納ポケット付き

座り心地

ロゴス Lifeバックホールドチェア 座り心地

ネーミングが「ライフ・バックホールドチェア」というだけあって腰まわりのサポート感がとても心地良いチェアです。

まったり座れるというよりは、正しい姿勢でくつろげるという表現がしっくりきます。

 

ロゴス Lifeバックホールドチェア 座り心地-2

背もたれの高さは約55cmで「ハイバック」の部類で、肩の上あたりまでしっかりと支えます。

 

ダイナミックな背もたれの形状

ロゴス Lifeバックホールドチェア 背もたれの形状

横から見ると、背もたれが前方にせり出しているのがお分かりいただけるでしょう。

実際に座ると、腰から背中に掛けてしっかりサポートされるのを体感できます。

座面の傾斜で後ろに重心がいきつつ、腰まわりをしっかり支えるといったデザインになっているということです。

ノーリー

自然と背骨がS字形状になるようにデザインされています。快適です。

 

ロゴス Lifeバックホールドチェア 生地 品質

背もたれ上部は二重縫製されていて中に柔らかな素材が入っています。

そのため後頭部はソフトで心地よい感触です。

 

膝裏を圧迫しない奥行き

ロゴス Lifeバックホールドチェア 奥行き

座面の奥行きは約42cmで、大きな背もたれに対して浅めのサイズ。

しかし、この浅めの奥行きは膝裏を圧迫せずちょうど良いサイズなのです。

ノーリー

一般的なワークチェアとほぼ同じ奥行きで、足を伸ばして座りやすいですよ。

 

肘付きで腕をリラックスできる

ロゴス Lifeバックホールドチェア アーム

地面から肘までの高さは約65cmあるのでしっかりと腕をのせてリラックスできます。

 

ロゴス Lifeバックホールドチェア アーム-2

肘フレームは腕があたる部分にパッドが巻き付けてあります。

長時間腕を置いていても痛くなりにくいように、肘パッドの裏側にウレタンのようなソフトな素材を入れて腕にかかる負荷を軽減します。

ちなみに肘パッドはマジックテープで固定してビス1箇所で留めている仕様。

取り外して洗うこともできますが、強くこすらずよく乾燥させることが大切です。

注意
・手洗いできるとのメーカー表記はないので、自己責任で行う必要があります

 

 

後傾姿勢になる座面

ロゴス Lifeバックホールドチェア 座面

座面までの高さを実測したところ前方が約46cmで、後方は約42cmでした。

ロゴス公表値で約46cmと表記されているのは、座面前方を指していると確認できます。

ノーリー

約4cmほど傾斜があるので自然に後傾姿勢になり大きな背面が支えてくれるわけです。

 

安定性

ロゴス Lifeバックホールドチェア 安定性

座った状態でも立ち上がりの際も安定感は抜群に良いです。

脚フレームが浮いたり、横にふらつくようなこともなく安心して使用できます。

ノーリー

脚間が広いのも安定感が良い理由のひとつです。
座り心地まとめ
・正しい姿勢を取りやすく腰まわりがラク
・安定感がとても良い
・座面奥行きは浅く膝裏を圧迫しない
・背もたれ後頭部はソフトな感触
・肘を置いてリラックスできる

ライフバックホールドチェアは大柄な方にもおすすめ

ロゴス Lifeバックホールドチェア 座面の幅

本商品は背もたれが大きいだけでなく、座面の幅が約50cmで余裕のあるサイズです。

耐荷重も約150Kgと余裕のある設定になっています。

以上のことから本商品は大柄な方にもおすすめできるということです。

組み立てやすさ

ロゴス Lifeバックホールドチェア 組み立て

組み立ては広げるだけですぐに使用できる状態になります。

収納バッグから取り出して設置まで2分かからない程度でとてもラク。

ちなみに収納バッグは余裕のあるサイズなので、チェアの出し入れはしやすいです。

ノーリー

組み立ては簡単ですがサイズが大きいので、収納袋から取り出すとき落とさないよう注意しましょう。

 

ロゴス Lifeバックホールドチェア 組み立て-2

本商品は折り畳んだ状態で自立します。キャンプで雨が降ってきたとき収束して自立させておけるのは便利ですね。

わりとしっかり自立しますが、強風にあおられて倒れないように注意は必要です。

ノーリー

収納バッグに入れた状態でも自立しますが不安定なので気を付けましょう。

 

収納効率・運びやすさ

ロゴス Lifeバックホールドチェア 運びやすさ

収納効率と運びやすさは良いとは言えません。

なぜなら収納時のサイズが直径23cm、高さが105cmと大きいためです。

上の写真は身長180cmの筆者が背負った状態なので、いかに大きいかお分かりいただけるでしょう。

ノーリー

重量が5.4Kgもあるのでずっと背負っていると肩が痛くなります・・
収納効率・運びやすさまとめ
・収納時の高さが105cmあり収納効率・運びやすさは良いとは言えない

 

品質

生地

ロゴス Lifeバックホールドチェア 生地 品質

生地は分厚く硬いポリエステルが使われています。

しかし硬いがゆえ、シワが目立ちます。収納バッグに入れるたびにシワはできてしまうので、これは回避のしようがありません。

シワが目立つのは弱点ですが、本商品のポリエステルは経年劣化や雨に強いPVCコーティングがされているので耐久面で安心です。

ノーリー

撥水効果はありませんのでご注意を。しかし布自体の耐久性が高いのは間違いありません。

 

縫製

ロゴス Lifeバックホールドチェア 縫製 品質

生地をつなぐ縫製はしっかりとされていて、ほつれもありません。

もっとも負荷がかかる座面はダブルステッチで耐久性を向上しています。

 

塗装

ロゴス Lifeバックホールドチェア フレーム 塗装

フレームはライトグレー色で粉体塗装していますが、ムラもなくきれいな仕上がりです。

ノーリー

やや光沢がある落ち着いた色です。

 

フレームの接合部分

ロゴス Lifeバックホールドチェア 接合部 品質

フレームの接合は樹脂のスペーサーを挟んでフレーム同士が緩衝しないように配慮しています。

 

ロゴス Lifeバックホールドチェア フレーム 破れ

座面にあたるフレーム接合部分は穴を設けて、摩擦による破れを回避します。

 

ロゴス Lifeバックホールドチェア フレーム 太さ

負荷がかかる脚フレームの幅は2.5cm。オフィスで使う会議チェアより太いパイプです。

耐荷重150Kgという設定はこのパイプの太さも理由のひとつと言えます。

品質まとめ
・布は硬く分厚いがシワになりやすい
・縫製が丁寧
・フレームが太く曲がりにくい

ノーリー

フレームが太く布も分厚いので耐久性としてはかなりしっかりしていると言えます。

 

口コミ・評判のまとめ

ライフ・バックホールドチェアを購入した人の口コミ、評判をまとめました。

 

大変満足です!体が大きいのでチェア探しに難航していましたが幅も広いですし安定性も抜群でした!

引用元:楽天市場

座り心地は最高です。作りもしっかりしていて、小さな子どもが座ったり降りたりを繰り返しても全く倒れません。
難点は背もたれがある分、めちゃくちゃコンパクトにはならないところです。ただそれは承知で買ったのでマイナス評価にはなりません。

引用元:楽天市場

某巨大ホームセンターで見かけて座ってみたら、腰のサポーターが気持ちよくて、こちらを2つ購入しました。この手の椅子は生地がたわむのでどうしても猫背になりがちなのですが、こちらの商品は腰のサポーターがあり長時間座っても疲れなさそうです。雨上がって早くお外で使いたいな。

引用元:楽天市場

 

口コミには「座り心地が良い」という意見が多く目立ちました。

実際にそのとおりで、ここまで腰まわりが心地良いアウトドアチェアはそうはありません。

大きめサイズなので大柄な人にも好評だということが分かります。

収納がコンパクトにならないといった意見もありますが、こればかりは仕方ありませんね…

 

まとめ:このチェアなら長時間でも快適に過ごせます

ロゴスのライフ・バックホールドチェアは他を追従させない腰まわりのホールド感と、頑丈な作りで長時間快適に座って過ごせます。

収納効率の悪さと持ち運びにくさを除けば大柄な方でも座れる、とても良いアウトドアチェアと言えます。

腰痛持ちの方にとっても、嬉しい座り心地です。

ぜひ体感してみてくださいね。

 

余談ですが、私は自宅でのテレワークにもライフバックホールドチェアを使用します。

長時間座っても疲れませんし、快適そのものなんですよ。

ぜひお試しあれ!

 

関連記事
【専門家厳選】本気でおすすめのアウトドアチェア25選<予算別完全版>

【専門家厳選】室内でも使えるアウトドア用リクライニングチェアおすすめ6選