アウトドアチェアの高級ブランドってある?欲しくなる上質なチェアはコレ!

アウトドアチェア 高級ブランド おすすめ

 

「高級なアウトドアチェアで他のキャンパーと差をつけたい!」

「どうせ買うなら、高級で品質が良いものをずっと愛用していきたい」

 

こんな欲望を満たすチェアはあるのだろうか…?

答えは…あります!

 

本記事では、高級アウトドアチェアと、高級ブランドについて徹底解説します。

 

そもそもアウトドアチェアに高級ブランドってあるの?

アウトドアチェアだけに特化した高級ブランドに、アメリカのカーミット社があります。

カーミット社のカーミットチェアといえばオシャレキャンパーも注目するブランドチェア。

ただ生産量が極めて少ないため入手が困難ですが…

 

ほかにも高級なアウトドアチェアを製造するメーカーはあるものの、チェアだけに特化したメーカーはありません。

 

室内で使うデザイナーズチェアを製造するメーカーですら、チェアだけを製造しているメーカーはほぼありませんから…

 

高級なアウトドアチェアを製造するメーカー

高級アウトドアチェア メーカー

 

あくまで平均値を取った分布図ではありますが、カーミット、スノーピーク、ヘリノックス、オンウェーが高級な部類に入っていることがお分かりいただけると思います。

つまり、高級なアウトドアチェアを手に入れたいなら、この4社がおすすめということです。

 

10,000円以上は「高級な部類」に入る

アウトドアチェアは価格帯がとても幅広いですが、室内で使うチェアよりも平均価格が低い傾向にあります。

3,000円以下で買えるアウトドアチェアだって無数にあるんです。

百均ショップで、300円のアウトドアチェアを販売しているくらいですからね。

つまり、タイプにもよりますがアウトドアチェアで10,000円以上の価格帯は、十分に高級な部類に入るということです。

ノーリー

10,000円以上出せばアウトドアチェアとしては十分に高級です!

 

高級アウトドアチェアの特徴

高級なアウトドアチェア 特徴
写真はすべて高級アウトドアチェア

アウトドアチェアにおいて、高級かどうか決まるポイントは2つあります。

それは「素材の良さ」と「構造」です。

良い素材を使えばそれだけ上質感がありますし、構造がしっかりしているほど使いやすさや耐久性に良い影響を及ぼします。

高級といえるアウトドアチェアは上質でありつつ、耐久性もしっかりした傾向にあるわけです。

 

MEMO
・高級アウトドアチェアと安物ではとくにフレーム(パイプ)の肉厚、生地の厚さ(頑丈さ)に大きな違いがあります

 

高級アウトドアチェアを買うメリット・デメリット

高級アウトドアチェアのメリット・デメリット

高級なアウトドアチェアで、いちばんメリットを感じるのは「長期間、愛着を持って使用できること」です。

安いから愛着が湧かないというわけではないのですが、早い段階で壊れてしまっては愛着すら持てないことでしょう…

 

しかし不安な面があるのも事実です。

それは盗難の心配があるということ。

キャンプ場は知らない人たちとサイトを共有することになります。夜は真っ暗ですから気をつけないといけません。

高級なアウトドアチェアは盗まれやすい傾向にあります。

盗難に遭わないためにも、離れるときはテント室内に入れたり車内にしまったりと対策したほうがいいでしょう。

ノーリー

盗まれないように管理をしっかりしないと。

 

【上質】高級アウトドアチェアでおすすめはコレ!

10,000円以上でおすすめの高級アウトドアチェアを厳選しました。

質感、座り心地、どれをとっても満足のいくものばかりです。

ノーリー

所有欲を満たすアウトドアチェアをご覧ください!

コンフォートローチェアプラス

材質 生地本体:コットン
カバー:ポリエステル
フレーム:アルミニウム合金
アーム:天然木(集成材)
サイズ 幅:60.5cm
奥行:82cm
高さ:75(座面まで30)cm
収納時サイズ 幅:60.5cm
奥行:16cm
高さ:72cm
組み立て 完成品(折り畳み式)
メーカー オンウェー

筆者はオンウェーのことを勝手に隠れた名門ブランドと呼んでいます。

知名度こそ低いものの、上質なアウトドアチェアを作るからです。

そして、このコンフォートローチェアプラスこそ、キャンプで他者に差をつけたい人におすすめしたいチェア。

クッションカバー付きなので、お尻が痛くならず極上の座り心地を体感できます。

なにより上質な質感はずっと触れていたくなる心地よさ。

ノーリー

コンパクトに収納できませんが、上質で満足度はかなり高いですよ。

 

リゾートチェアX

材質 シート:帆布風ポリエステル
フレーム:アルミニウム合金
アーム:チーク材
サイズ 幅:56cm
奥行き:59cm
高さ:84(座面まで34)cm
収納時サイズ 幅:17cm
奥行:55cm
高さ:68cm
組み立て 完成品(折り畳み式)
メーカー オンウェー

誇り高い気品さえ感じさせるリゾートチェアXは、名作「ニーチェア」をアウトドア版に進化させたアウトドアチェアです。

絶妙な座面の角度が座る人の重心を後ろにします。
つまり、もたれかかるように座れるので極楽なんです。

デザインが良いのはもちろん、アイボリーカラーと肘掛けチーク材の相性が抜群!

ノーリー

キャンプ場で使ったらかなり目立ちますよ!盗難には要注意ですが(笑)

 

タクティカルサンセットチェア

材質 生地:ポリエステル
フレーム:アルミニウム合金
サイズ 幅:58cm
奥行:70cm
高さ:98(座面まで46)cm
収納時サイズ 幅:15cm
奥行:15cm
高さ:46cm
組み立て 組み立て式
メーカー ヘリノックス

タクティカルサンセットチェアは、ヴォリューム感のあるサイズと座りやすさから人気のある高級アウトドアチェアです。

ヘリノックスは韓国のDAC社が製造しており、フレームの品質には定評があります。

つまりとても品質が良いアウトドアチェアなんです。

世間ではパチノックスというコトバがあるほどですから、それだけ注目のメーカーなんですね。

タクティカルサンセットチェアの魅力はサイズが大きいのに、収納時がとてもコンパクトになるということ。

持ち運びもラクですし、キャンプ場でゆったり座れるので満足できます。

ノーリー

私も愛用しているチェアのひとつ。軽いのに強度はしっかり。良いチェアですよ。

 

ローチェアショート

材質 生地:ポリエステル
フレーム:アルミニウム合金
アーム:チーク材
サイズ 幅:58cm
奥行:65cm
高さ:69(座面まで30)cm
収納時サイズ 幅:16cm
奥行:18cm
高さ:84cm
組み立て 完成品(折り畳み式)
メーカー スノーピーク

「スノーピークといえばローチェアショート」

というほど代名詞のような存在のアウトドアチェアです。

しっかりとした座り心地で、なにより質の良さはずっと触れていたいほど心地が良いです。

どのようなシーンでもサマになるデザインは本当に素晴らしい。
どこにでも持っていきたくなることでしょう…

スノーピークには永久保証が付いており、ずっと愛用していけるのも魅力です。

 

関連記事
スノーピークへチェアの修理を依頼する方法。そもそも保証はある?

 

 

ローチェア30

材質 シート:ポリエステル
フレーム:アルミニウム合金
肘掛け:竹集成材
サイズ 幅:58cm
奥行:65cm
高さ:86(座面まで30)cm
収納時サイズ 幅:16cm
奥行:18cm
高さ:101cm
組み立て 完成品(折り畳み式)
メーカー スノーピーク

ローチェア30の魅力は、その美しいデザイン。

とくに背面のダイナミックなフレームはインパクト抜群。

高い技術力を持つスノーピークならではといえるでしょう。

生地の質感や、肘掛けなど細部に至るまでしっかりとした作りなので、育てるように使い続けたいですね。

ノーリー

背面はずっと見ていたくなるほどの美しさでございます…

 

 

 

1917

材質 生地:ナイロン(コーデュラナイロン600d)
フレーム:アルミニウム合金
肘掛け:セルウッド
サイズ 幅:50cm
奥行:40cm
高さ:94(座面まで43)cm
収納時サイズ 幅:111cm
奥行:11cm
高さ:15cm
組み立て 完成品(折り畳み式)
メーカー ogawa(オガワ)

1914年に創業したアウトドアブランド、オガワのアウトドアチェア1917。

 

大きな特徴は、生地にコーデュラナイロンを採用しているところ。

コーデュラナイロンは、通常のナイロン生地の7倍も耐久性が高い繊維が用いられたもの。

摩耗や引っかきに対して強いため、ハードに使用するアウトドアシーンにも最適なんです。

 

本商品はハイスタイルで、クセのないデザインのため立ち上がりや着座の動作がしやすい特徴があります。

食事もしやすいチェアのため、初心者キャンパーにもおすすめの一脚といえます。

 

カーミットチェア

材質 フレーム:オークorウォルナット
生地:1,000デニールナイロン
サイズ 幅:51cm
奥行:54cm
高さ:61(座面まで30)cm
収納時サイズ 幅:11cm
奥行:16cm
高さ:56cm
組み立て 組み立て式
メーカー カーミット

キャンパーにとって、いつかは手に入れたいと願うのが、カーミット社のカーミットチェア。

アメリカ・テネシー州で1脚ごとにハンドメイドで製作しており、まるで工芸品のような雰囲気があります。

天然木の雰囲気がとても良く、外だけでなく室内で使うとアウトドアリビングとして映えます。

フレームは天然木ですが、組み立て式なのでコンパクトになるのも魅力です。

 

もともと、バイカーが持ち運びしやすいようにとの想いから作られたチェアなので、ソロキャンパーにも人気がある1脚。

 

ただしハンドメイドで製作しており大量生産できないことから、価格が高いです。

なかなか手に入らないせいか、価格も以前に比べると高騰しているので買いたくても買えない状況の人も多いのではないでしょうか。

 

TNFチェア

材質 生地:ナイロン(コーデュラ1680D)
フレーム:アルミニウム合金
肘掛:発泡ウレタン
サイズ 幅:60cm
奥行:63cm
高さ:83(座面まで41)cm
収納時サイズ 幅:14cm
奥行:58cm
高さ:73cm
組み立て 完成品(折り畳み式)
メーカー ノースフェイス

アウトドア好きなら、知らない人はいないほど人気のノースフェイス。

アウトドア家具の展開は少ないですが、じつはチェアを販売しているんです。

それがTNFチェア。

オンウェーのチェアXに似て都会的なデザインが印象的です。

落ち着いた大人っぽいカラーに、さりげなく入ったノースフェイスのロゴが欲求をかき立てます(笑)

 

座面までの高さは最大で41cmですが、後方が低いためロースタイルの部類に入ります。

生地にコーデュラを採用しており、耐久性は抜群。末長く使用していきたい1脚です。

 

 

おどろくほど超高級なアウトドアチェアも

限定的ですが、超高級なアウトドアで使えるチェアもあります。

アウトドアチェアですから、車に載せて持ち運ぶ必要があるので持ち運びやすさも重要。

なのでここでは持ち運びしやすく、外で使える超高級アウトドアチェアをご紹介します。

ノーリー

高級すぎるので、庭やベランダで使うくらいにしておきましょう(笑)

はっきりいってキャンプで使う強者はいないと思いますが…

 

BKFチェア

通称バタフライチェアと呼ばれるBKFチェアは、スウェーデンのCUERO社が製造するデザイナーズチェアです。

お値段は軽く10万円以上します。

組み立て式で軽量のため、持ち運びはラクラク。上質な本革はもちろん、座り心地は極上。

本革は経年変化を楽しめるので、長く愛用していきたいものです。

けっして雨に濡れることのなきよう。
そして、バーベキューで汚さないようご注意を。

なにが言いたいかというと、キャンプやバーベキューで使うのはやめましょう(笑)

せめて庭やベランダで優雅に使用することを強くおすすめします。

 

まとめ:高級アウトドアチェアは満たされた気持ちになります

安価なアウトドアチェアでもキャンプは楽しめます。

しかし高級なアウトドアチェアなら、もっとキャンプを楽しめます。

上質だからこそ、愛着を持って使用することができるからです。

本当にお気に入りの一脚を大切に使い続けるのは、なんだか満たされた気分になりますよ!

さいごまでお読み頂きありがとうございました。

 

 

アウトドアチェア研究家の筆者が厳選したおすすめのアウトドアチェアを予算別でご紹介しています。

アウトドアチェア 予算別 おすすめ 【専門家厳選】本気でおすすめのアウトドアチェア25選<予算別・2022年完全版>